もう慌てない!冠婚葬祭のお金のマナー

社会人として最低限身につけておきたいマナーとは?

金封は水引の結び方で選ぶ

水引の結び方には様々な種類があります。
祝儀袋だけでも結び方の違いで利用する場面が違ってきます。
蝶結びは、何度もほどいて結べることから、昇進祝いや出産祝いなど、何度あっても喜ばしい場合に使われます。
結び切りは、一回限りという意味から、お見舞いや弔事に使うものです。
結婚祝いも繰り返しが望ましくないため、この結び方を選びます。
鮑(あわじ)結びは鮑を模した結び方で、結び切りの一種です。
結びを強くすることができること、繰り返さないことを願うところから結婚祝いで多く見られますが、不祝儀袋にも利用されているので見た方も多いでしょう。
特に関西以西でよく使われる結び方ですが、蝶結びか結び切りかを迷う時に利用できるなど、便利な結び方です。
ちなみに「熨斗(のし)」はのしあわびをお祝いの品に添える習慣が残ったものですので、不祝儀の場合にはついていません。

ちょっと変わった金封でプラスアルファ

金封は「清浄なもの」を意味する白が一般的ですが、近年は様々な種類の祝儀袋があります。
結婚祝いなどの金封にカラフルな和紙を利用したものは定着してきましたが、素材が紙ではないものも人気があるようです。
結婚祝いでは風呂敷や手ぬぐい、出産祝いにはガーゼのハンカチなどの素材で作られたものもあります。
捨てるしかなかった金封も、長く使えるアイテムとして利用できるのは嬉しいですね。
お祝いならば、カラフルで可愛いい長く愛用してもらえるようなものを選ぶのも、また楽しいのではないでしょうか。
ネット通販などでも様々な種類が販売されています。
不祝儀袋はさすがに白いものしかありませんが、蓮が印刷されたものなど、少しだけ手を加えたものも売られています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る