もう慌てない!冠婚葬祭のお金のマナー

ふくさに包んでより正式に

ふくさの色はこれで大丈夫

ふくさは金封の汚れや折れを防ぐ目的がありますが、先方の気持ちを大切にし、礼節を重んじていますという意味があります。
お祝いなら赤やピンク、お悔みなら青や緑など、使い分けるものですが、使う機会が少ないから1枚だけ用意しておきたいという場合には紫がいいでしょう。
慶弔どちらにも使用できて便利です。
様々な種類があり、もともとは風呂敷を小さくしたものをふくさとしていました。
現在ではかさばらない「金封袱紗」が人気ですが、簡易的であるために年配者になるとより本格的なものへ買い替える傾向もあるようです。
ビジネスシーンでは金封袱紗、プライベートでは台付袱紗というように使い分けるのもいいかもしれませんね。
刺繍を施したものもありますが、場面によっては制限があるので、1枚だけ選ぶなら紫の正絹で刺繍なしの台付袱紗があれば困ることはないでしょう。

ふくさの包み方の違い

慶弔によってふくさの包み方が違うことはご存じでしょうか。
せっかくきちんとしたものを用意したのに、包み方が間違っていては台無しです。
ふくさは正方形ですので、四隅が上下左右に来るように開き、中央付近に金封を置くのが基本です。
慶事の場合は左→上→下とたたみ、最後に右隅をたたんで余った部分を左に巻き込みます。
弔事の場合は逆になり、右→下→上とたたみ、最後に左隅をたたんで余った部分を右に巻き込みます。
何故そうなるかを覚えておくと、咄嗟の時にも慌てないでしょう。
左右に関しては服の合わせ方に倣ったもので、左前はよくないものとされた時代がありました。
この場合の「前」は「先」という意味で、「左前」は「左が先」ということになります。
上下に関しては、慶事は上→下の順に折りますが、これはお祝いを受けるという意味が、逆に弔事に下→上の順に折るのは、悲しみに頭を下げるという意味があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る